ウォータートル2攻略(その1)

カマキリ僧侶ブッダー「ウォータートル2」攻略レポート

2020年3月の初めにリリースされたアプリ「ウォータートル2」を毎日コツコツ進めています。クッキークリッカー系のインフレゲームなので戦闘力のインフレに追いついけないとそこでゲームオーバーになってしまいます。ゲーム終了後に転生をして強くてニューゲームになりますがまた部隊を1から育てなくてはいけないのがちょっと面倒です。まだまだ完全クリアまでは遠いですが半分くらいまで進んだ感じなのでちょっとした攻略情報を書きます。

スポンサーリンク

毎日コツコツ遊ぶ攻略法

だんだんマップが広がっていくのが楽しいです。

戦闘が派手で面白いゲームですが一日中遊んでいると流石に飽きてしまいます。なので私は寝る前にお金稼ぎを仕込んでおいて放置しておき翌日に貯まったお金で上げられる上限まで軍隊を強化してからスタートしています。

それを可能にするのがサポート部隊の「マウス炭坑員」このネズミを部隊に入れておくと移動中でもキャンプ中でも常にお金を掘り出してくれます。初めはほんの少ししかお金を稼げませんが掘り出したお金で更に掘れる量の上限を上げてそのお金でもっと上限を上げて…これを繰り返します。

最終的には3匹のマウスが数秒毎に3.44AEずつ稼ぐようになるので一晩放置しておけば相当なお金が貯まります。画面を閉じてしまうとお金稼ぎはカウントされませんので放置する時は画面を1番暗くして音量を切っておくと睡眠の邪魔になりません。電力消費も抑えられますが電源コードは差しっぱなしの方が安心でしょう。

マウス炭坑員

マウス炭坑員は3匹雇えて上限LVは1,000。マウス炭坑員の下にあるパックマウス部隊もDNA進化4番目にキャンプ中に資金を獲得出来る能力がありますがこちらの数値はある程度インフレが進まないともらえる金額はショボいです。

この方法で軍隊を強化してからマップに進むとサクサク進みます。準備の手間はかかりますが睡眠時間や仕事に行ってる時間も有効に使えるので意外と便利です。同じゲームでずっと遊んでいると飽きてしまう問題もうまい具合に解消出来ます。

お気に入りパイロットとヒーロー

現在4匹のパイロットが使えるようになりました。お気に入りはカブト虫のウッズ。パッシブ効果の「部隊大型兵器+250%」が魅力です。ウォージェムの課金はしていないのでゲーム内で手に入るウォージェムでやりくりしてパイロットやヒーローをアンロックしているので一気に人員を増やすのは難しいです。

ウォータートル2パイロット

お気に入りのヒーローはカマキリ僧侶のブッダー。鎌を持った物騒な闘う僧侶です。ヒーロートライアルで使ってみて動きの良さに一目惚れ。優先してアンロックしました。そして残りのヒーローはペンギンの艦長アハップのみ。頑張ってウォージェムを貯めます。

カマキリ僧侶ブッダー

口髭と帽子がイカすペンギン。早く部隊に加えたいです。

ペンギン艦長アハップ

*この記事を書いた直後にヒーロートライアルが出てこのペンギン30%オフで手に入れました。これでヒーローは全てアンロック。次はパイロットのコンプリート目指します。

その他攻略ポイント

マップ移動中に宝箱でゲット出来る「大安売り(全てのアップグレードがこれから40秒間90%安くなります!)」を利用すると貯めたお金がより有効に使えます。40秒間と期限が切ってありますがアップグレード画面を開いている間の時間はカウントされませんのでゆっくりアップグレードを選べます。キャンプ画面から戦闘画面に移動した時に大安売りの宝箱が出る確率は結構高いです。各部隊ダメージ数値以外は上限数が決まっているのでまず部隊数を上限(部隊によって違いますが3~8)まで上げてから3段目のクリティカルや攻撃頻度を上限(LV20)まで上げてあとは戦争物資に注ぎ込むと効率が良いです。戦争物資は攻撃力が上がるものを優先した方が進むのが楽になります。

毎日デイリーアチーブメントが3項目出るので軍隊のパワーアップなどはデイリーを確認してから取り掛かる方がクリアできる確率が上がります。

パイロットやヒーローはアクティブにしていない待機状態の時にクエストに出すことができます。簡単と硬い(怪しい翻訳)がありますが「硬い」はクリア時間が長いのにそれほど良いアイテムをもらえる印象がないので「簡単」の方がおすすめです。

無課金でも宝箱を開けることは出来ますが30秒ほど広告を見ないといけないので広告除外の課金¥370はアリかなと思います。これだけでゲームが格段にスムーズに進むのでストレスが少ないです。

次の攻略(その2)

ウォータートル2攻略(その2)
仕事に行ってる時や寝ている間の時間を有効に使って毎日コツコツ進めているウォータートル2です。課金してウォージェムなどを購入すればもっと進み方も早いと思いますがのんびりとライフワーク的に進めていくことにしていますのでちょっとずつゆっくりとプ...